クリックで拡大(1280x960)

IGS(情報収集衛星)の光学型に関して前回IKONOS(イコノス)に似た形状とお伝えしたのですがどうも正しく無いダミー情報を参考にしてしまったようです。なので今回はアップデートした情報で光学型の世代をまとめてみました…が、まだこれも間違いである可能性はあります。その点了解の上でご覧頂けますでしょうか。

いつものように松浦さん情報により作成して日経ビジネスオンラインの松浦さんの記事「秘密保護法成立で、より秘匿される偵察衛星の取得画像(その2)」の中で使って頂きました。記事は会員登録しないと全文は読めませんm(_ _)m

» [続きを見る]

2010/02/03: IGS 2nd Generation



2013-12-31更新:光学系はこちらに修正版があります

IGS(情報収集衛星)が初めて打ち上げられた時(2003年3月28日のH2A-F5)に、ポンチ絵と松浦さんからの情報で想像図と3Dデータを公開してから7年。IGSも実証型も含めて6機の打ち上げに成功しています。1号機に関しては想像図でほぼ正しいはずなのですが、昨年打ち上げ(2009年11月28日のH2A-F16)られている光学3号機(もしくはその前の光学3号機実証衛星)からは松浦さんの情報では光学型は全く異なる形状と衛星バスになっているようです。にも関わらずニュース等ではまだ古い第1世代の時の3Dデータが使われているようですので新世代のデータに更新することにしました。画像も3Dデータも著作権表示して頂ければ自由にお使い頂けます。なお今回の形状を考える上でTwitterでの宇宙クラスタでの議論も大変参考になりました。(まとめサイト)。宇宙クラスタの皆さまありがとうございました、その時の内容は一応反映したつもりです。第1世代IGSの頃に比べると良い時代になったなぁ。

» [続きを見る]

Booklog