Archives

You are currently viewing archive for September 2009

2009/09/14: H2B



9月11日にH-IIB(H2B)の試験初号機が打ち上げられました。H-IIBはH-IIAをベースにした事で短期間かつ安価に開発が出来たそうです。私の3DCGも既存のH-IIAをベースにしたので新作と言えども簡単でした~(本当か?) 公開時は細部がいいかげんでしたが、密かに更新したので画像を入れ替えました。

» [続きを見る]

祝!H2B初号機の打ち上げ成功!Twitterで皆さんとドキドキしたり興奮したりして深夜の打ち上げを楽しみました。今までは宇宙作家クラブの掲示板だけが頼りだったのにほぼリアルタイムに体験できるのは嬉しいですね。とは言え現地に行かれた方が羨ましい!さあ成功記念のCGを… すみませんすみません間に合いませんでしたのでここで「予告」だけ打ち上げの余韻がさめないうちに書き込んでおきます。今晩か明日には必ず…

さて次はHTVのISSドッキングですね。これが1週間か。それにしても今回は改造とは言えH2Bロケット初号機でHTVも初めてで射点も初めての初物づくし。にもかかわらず完璧と言って良い成功はすばらしい!それに人工衛星打ち上げと違ってHTVにより色々な可能性が開けたのも良かったですね。H2BとHTVを応用した独自の計画をぜひ進めて欲しいものです。

考えようによってはNASDA時代に計画していた有翼のミニシャトルHOPEよりもHTVの方が応用が利くと言う意味では優れているのかも。HTVの太陽電池がパドルによる展開では無く、いかにも間に合わせ的に機体に張り付いているのは当初は内蔵電池のみでの運用しか考えていなかった為だとか。この辺りの見直しや大気圏突入して帰ってこられるカプセルの仕組み辺りが実現できると凄いと思う。などと素人は勝手に考えるのであった(笑)

あと最初はHTVがISSにドッキングってそんな技術が日本にもあったんだ!と思ったらなる程ISS側のアームで掴んでしまうのね。と目から鱗だった。もっともISSの側数メートルまで近づくだけでも凄い技術だと思う。かつてミールでもプログレス補給機がぶつかって危機に瀕したこともあるくらいだから無人でのドッキングはリスクが高い。でも良く考えればISS側に人はいるんだよなあ(^^;
クリックで拡大

Twitterばかり更新してサイト更新が全く無い… と言うことでTwitter用画像を作成したついでにその画像と古い作品で1枚作品をでっち上げました。少し遅い残暑見舞いも兼ねて。ちなみに背景はかつてカッシーニ土星到着記念CG作品からコピーして来ました。見たことがあるような気がする人は正しいです(^^; 桜木さんブログ始めて再起動されているし私も頑張らねば!
Booklog